プロフィール
Japanese Culinary Institute
Japanese Culinary Institute
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人

2006年06月06日

例外! 不味い店でも繁盛する?

オージーの友人に誘われて、久しぶりにイタリアンレストラン街のLeichhardtへ!

Leichhardtは、シドニー中心部から南西に車で約20分。メインストリートNorton Streetの両側には、いったい何軒ぐらいあるだろう?イタリアンレストランがず〜っと先まで軒を連ねている。
 **********************************************

今回はその中の一店に入りましたが、残念ながらハズレでした。

値段も高くて、料理もいたって普通、というより不味い部類。

オントレで18ドル前後、メインが28ドル前後。
出てきた料理のクオリティーは、のびたパスタに手抜き料理のカルパッチョ。こんなの単なるスモークサーモンでしょう?という代物。

こういうシーンを体験した時は、なぜか無性に腹が立ってくる。食い物の恨みは怖い!(笑)

美味しいものだとつい顔がほころぶが、価値が見合わない料理を出す店には「金返せ〜」と叫びたくなりますよね。

でも・・・ しかし・・・ なぜ?? 

席は満席で、しかも2回転ぐらいしていた。

最近のシドニーの土曜日はどこも一杯だけど、どうしてこんな店が繁盛している???

本当に不思議です?!こういう店はコンサルタント泣かせ。説明がつきません。

でも・・・ こんなんで良かったら誰でも簡単に店ができてしまう!とみなさん誤解してしまいます。

それはともあれ友人達との会食は、日本好きなオージー達だったので、終始楽しい会話。

一組のオージー夫妻とその友人。友人の方はアイルランド出身ですが、20年以上前に旅行した日本で日本語教室で知り合ったとか。

それから、旅行では大変楽しい思いをしたらしく、未だに覚えにくい日本名の地名まではっきり覚えている。
よっぽど思い出に残る旅行だったのでしょうね。しかし、日本を褒められる内容の話はやはり嬉しいものです。

もう一組のオージー夫妻は、ご主人の方のご両親は中国人とオージー、奥さんの方はオージーですが、日本に住んでいたことがあるらしく日本語がペラペラ。しかもオリビア・ニュートンジョン似の美人。この夫妻も日本が大好き。毎年、一ヶ月ほどニセコでスキーを楽しんできます。

今回夕食を一緒にした友人達は、50歳前後で結構経済力のある方々。精神的にも余裕があるし、マナーもしっかりしているし、高学歴。そういうオージー達の中に日本好きな人が多いのですが、嬉しいものです。

→ ミラーサイト作りました。EXBLOG こちらもどうぞ!
→ ミラーサイト作りました。FC2 こちらもどうぞ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 このブログを読んで“参考になった”、“他の人にも知ってもらいたい”と思った方は人気blogランキング をクリックお願いします!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

同じカテゴリー(飲食店ビジネス)の記事
シェフの条件
シェフの条件(2009-05-29 10:38)

Surry Hillsが面白い!
Surry Hillsが面白い!(2007-05-01 10:49)

日本からのお客様!
日本からのお客様!(2007-01-23 20:26)

Posted by Japanese Culinary Institute at 21:10│Comments(6)飲食店ビジネス
この記事へのコメント

失礼だけど、味音痴が多い???

そういえば、
ニセコ流行ってるみたいですね、オージーに。
Posted by ナベヲ at 2006年06月07日 22:59

ナベヲさん、過激な発言ですね。笑
特にイタリアンを食べる人たちは、イタリア系の人も多いので、味音痴ではないはずなのですが・・・。だから不思議なんです。
オーストラリアは、世界有数のワイン産出国でクオリティーはトップレベル。それに慣れ親しんでいるオージー達は、決して味音痴ではないんです。

ニセコのオージー村、ぜひレポーターしてください!今年の冬に行きたいな?
Posted by シドニー nishimoto at 2006年06月08日 07:13

う〜〜ん、、本当に不思議ですね。。

西本さんは、もうそのお店いは行かないっ!って思われますか?
聞き取り調査が必要ですね。(笑)

理由が分かったら、また新しい視点でビジネスが展開できるかも!?(^^)
Posted by 増田@DG at 2006年06月09日 17:21

増田@DGさん、ご無沙汰してます。お元気でした?

この不味いお店、後日談があります。

Sydney Weekenderというシドニーの観光スポットやローカル情報などを紹介するTV番組があるのですが、その番組で、なんとこの不味い店が「地元でも大人気!」と紹介されてました!

単にメディアに強いコネがあるか、広告にお金を掛けているか、どちらかだと思うのですが・・・。
もしかしたら、日本人には分からない味付けが隠されているのかもしれません。

でも、「味」、「インテリア」、「サービスの質」どれもアベレージで価格設定は高め、いくら考えてもやっぱり何で繁盛しているのか分からない。オーストラリア七不思議に加えておくことにします。
Posted by シドニー nishimoto at 2006年06月11日 13:04

西本さん、こんにちわ!
私は元気いっぱいで〜〜す!!(*^▽^*)
最近、テニスされてますか?

TVの力って、すごいですねぇ。。
私もTVで一押しっ!なんてやっていたら、行きたくなってしまいます。

でも、行ってみて、『イマイチ・・・』と思ったら、もぅ行きませんねぇ(苦笑)

不思議なお店がいつまで繁盛し続けられるか、見守りましょ〜(^^)
Posted by 増田@DG at 2006年06月20日 13:20

増田@DGさん、テニスは毎週、雨の日以外は欠かさずやってますよ!
一度、お手合わせ願いたいですね。シドニーにぜひいらしてください。

TVの宣伝効果は侮れません。「旨い」と言われるとやっぱり一度は試したくなりますよね。
Posted by シドニー nishimoto at 2006年06月21日 20:06
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。