プロフィール
Japanese Culinary Institute
Japanese Culinary Institute
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人

2006年03月08日

情熱・熱意・パッション!

22418.jpg皆さん、情熱と熱意、まだ持ってますか?

やはり新しい事業をやる時には、情熱と熱意がなければ、うまく行きません。
他人を動かす力、それが大切だと思います。
  ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

今の自分にそれがあるか?と訊かれたら…

     温めている途中かな?

最近、日々仕事をしている中で、直ぐに実現するものではないのですが、どうしてもやってみたいことが新たに二つ出てきてしまいました。

一つは、海外での洋食屋。
オーストラリア以外の国は知りませんが少なくともシドニーにはまだありません。
かなり前に一店だけありましたが、残念ながら2〜3年で閉店してしまいました。
日本の洋食は、もう一つの日本の食文化として、新たに海外に普及・伝えていけるだけのものがあると思います。

もう一つは …

     やっとの思いで見つけた素晴らしい腕を持つChef!

彼は日本人ですが、Frenchベースの料理に日本の食材を生かす技術を利用。体に優しい味付けをしているが、でもしっかり味はついている。
彼の素晴らしいところは、基本に“美味しいものを食べさせたい!”という気持ちを持っていること。
私のような素人が作り方を訊ねても、いやな顔一つせずに、逆にニコニコしながら詳しく教えてくれる。

※写真の料理は、最高に旨いブイヤベース。

何か一つ食材のアイデアを出すと、そこからいろいろ発展させて“こんな料理もあんな料理もできる”と話が止まらなくなる。
私も嫌いなほうではないので、ついついその話に付き合って、“ようし、料理の鉄人だ!パッションフルーツやワインを使った料理をリクエスト”とかいろいろ課題を与えていく。料理の世界は限りなく面白い。

それにもう一つ。彼は、常に新しいものにチャレンジしていく気持ちも持ち合わせている。きっと近いうちに、オーストラリアでも数本の指に入るぐらいのシェフになることでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが、ということで、無性に彼の調理技術を最大限生かせる店をぜひやってみたい!と思うようになってきてしまって…。
カジュアルでテント張りのようなお店で気軽に楽しめて、でも料理の質は最高!というような。

しかし、理想と現実(この場合利益)は、必ずしも結びつきません。理想を求めると現実から遠ざかる。この辺りが商売の難しさ、醍醐味というのだろうか?

でも、やっぱりやってみたい。チャレンジして見たい。でも資金が…。

このような葛藤を皆さんも一度は経験したことがあるのでは?

それには、やはりまずは先立つ物がなければ… やりたいことが出来ませんよね。

経済的に余裕がある方、オーストラリアで少し遊んで見ませんか?

→ ミラーサイト作りました。こちらもどうぞ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 このブログを読んで“参考になった”、“他の人にも知ってもらいたい”と思った方は人気blogランキング をクリックお願いします!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

同じカテゴリー(・・・)の記事
Posted by Japanese Culinary Institute at 20:36│Comments(9)・・・
この記事へのコメント

やっぱりお金ですよね。
あり過ぎてもなさ過ぎても、
振り回されるというか、左右されるというか。
上手く言えませんが…。
願いが叶いますように!
Posted by ナベヲ at 2006年03月08日 22:06

ナベヲさんは女神?それとも天使?
人生絶好調のナベヲさんが祈ってくれるときっと叶いそうな気がします!(笑)
Posted by シドニー nishimoto at 2006年03月08日 22:17

シドニーのタッチです。
私も洋食大好きです。
大阪にはおいしい洋食屋が沢山あるので
日本に帰ればまず寿司より洋食屋に行きます。


残念ながらシドニーにはレストランが無いので
毎月2日がかりでまとめてデミグラスソース作っています。
早く夢をかなえて洋食屋オープンしてください!
流石に家でデミグラスは面倒なので通っちゃいます♪

今のシドニーなら舌の肥えた方が多いので
日本の洋食が受け入れられるかもしれませんね。

応援してます♪
Posted by タッチ at 2006年03月09日 06:31

タッチさん、洋食、いいですよね。(そういえばMIXIに参加してますか?コミュを最近立ち上げました。)
デミグラソースがたっぷり掛かったオムライスにハンバーグ、ハヤシライスにカレーライス。んーー、ヨダレが・・・

毎月2日がかりでまとめてデミグラスソース作っています。

本当ですか?そこまでやっていらっしゃるとは?(脱帽)
ご紹介したChefのデミグラソース、旨いですよ。今度、こっそり盗んでお裾分けします。(笑)
それより食べに来てもらった方が早いですね。実は、ランチスペシャルでオムライス始めました。クラムチャウダースープもありますよ!
Posted by シドニー nishimoto at 2006年03月09日 06:48

洋食屋、私も是非作って欲しいです。オムライス、大人にも子供にもうけると思います!キッズメニューで、デミグラスソースの代わりにケチャップで絵を描いて。
ランチスペシャルのオムライスは、どこで食べられるのでしょうか?メールで教えていただけますか?これは即行食べに行きます!
Posted by ヨットはしろーと at 2006年03月10日 20:32

お店の詳細を知りたい方は、メールください!

ヨットはしろーとさん、こんにちは。
お子様ランチ、昔デパート最上階の飲食店街なんかにありましたね。旗が立ってるやつ。
週末、おばあちゃんに手をつないで連れて行ってもらった… とかいう思い出がある人は多いのでは?
いろいろチャレンジしていきたいですね。たまにはずすかもしれませんが。(笑)
Posted by シドニー nishimoto at 2006年03月11日 06:21

こんにちは。

オムライス、クラムチャウダー・・・
美味しそうな話で盛り上がってて
思わず食べたくなっちゃいました。(笑)

いよいよ来週からシドニーにお邪魔します。
約十日程の滞在になりますが宜しくお願いします!!!
Posted by キウイ at 2006年03月11日 23:42

キウイさん、旨い話は便乗したくなりますよね。
ぜひ、お会いしましょう!ケーキ談義、楽しみにしてます。
Posted by シドニー nishimoto at 2006年03月12日 08:13

シンガポールに一件洋食屋があります。
その名は マ・メゾン。
地下鉄ジャンクション ブギス駅を降りてすぐ。
私そこのデミグラスソースハンバーグ 大好きです。
10%オフチケットがもうすぐ切れるので今週の内に行ってきます!
思い出させてくださり ありがとうございます!
Posted by 岩田 弘志 at 2006年03月14日 00:10
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。