プロフィール
Japanese Culinary Institute
Japanese Culinary Institute
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人

2005年11月30日

きっかけは一通のEメールから!

最近、忙殺されていてブログの書き込み頻度が少なくなってしまっていますが、すみません、ご容赦ください。

さて、「移住&レストラン開業」シリーズは、ちょっと一回休憩。
今日は、まだ皆さんにお話していなかった、現在行っている飲食店買取交渉・契約・経営サポートについてご紹介します。

このサポートの仕事は、実は昨年5月に入ってきた一件の問合せメールから始まりました!

突然届いたそのEメールの内容とは?
  ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

Eメールの内容 ↓ ↓ ↓

  Subject: うれしーーー!!

  シドニーで飲食店の開業がしたいと思い、在日の領事館、大使館、に
  問い合わせしていましたが、個人をサポートする部署は無いとの事でした。
  パソコンたたいているうちにこのページにたどりつきました。
  あったーーー、と叫んでしまいました。
  あっ 、 すみませんとりみだしまして・・・・

  中略

  そろそろ昔からの夢がむずむずと体の中で動き始めてきました。
  シドニーでレストランをしたい!!   です。


というものでした。

過去2年間以上、日本からさまざまな問い合わせが入ってきて、そうですね、毎月5通ぐらいくるでしょうか。それでちゃんとビジネスにつながったケースは一度もなかったし、今回も難しだろうなと思ってましたが、その都度最善を尽くす!というのが私のモットー。一応、真面目に対応しました。

届いたEメールのタイトルが「うれしーーー!!」ですよ。いたずらメールかと思ってしまいますよね。

しかし、内容をよく読んでみると・・・

初対面?なのに、非常に軽い!というと悪い表現になってしまいますが、乗りの良い楽しい口調のメール内容。
しかし、年齢が45歳「既婚、妻一人、長女中2、次女小6、三女小3を持つ父親です。」「飲食店を4店舗経営する会社の代表」ということだったので、初対面からちょっと軽すぎる気がするけど・・・まぁしっかりビジネスをしてそうだし楽しそうな人だなぁ!と感じたので真面目に返答しました。

その後、Eメールでのやり取りが続き、昨年中に視察で2回来豪、今年に入って買取交渉でも2回来豪。途中どんでん返しもありましたが、最終的に目出度く彼の夢「シドニーでレストランをしたい!!」が実現しました。

最初は、既存の経営状況優良店を買取りまでの代理的なお手伝い!ということで気軽に引き受けたのですが、これが結構大変。

必要だったので、ついでに Liquorライセンス責任者になれる資格と、お酒をサーブする人に必要なRSA(Responsible Service of Alcohol)資格を取得。
もう直ぐ Restaurant & Catering Australia認可のCertified Professional Restaurateur資格ももらえる予定。

これらの資格は、料理学校事業にも生かせるし一石二鳥になりました!

近いうちに本格的に飲食店の売買・経営コンサルタントを始めようかとも考えています。
オーストラリアでの飲食店経営をお考えの方、オーストラリア移住をお考えの方、ご相談に乗れますのでいつでもお気軽にお問合せください! Eメール: enquiry@jculinary.com.au

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 このブログを読んで“参考になった”、“他の人にも知ってもらいたい”と思った方は人気blogランキング をクリックお願いします!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

同じカテゴリー(・・・)の記事
Posted by Japanese Culinary Institute at 09:46│Comments(0)・・・
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。