プロフィール
Japanese Culinary Institute
Japanese Culinary Institute
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 8人

2005年09月13日

今年60歳の還暦を迎えても元気いっぱい超ポジティブ思考の朝子

今日は皆さんに、超ポジティブ思考でいつも元気な朝子さんをご紹介します。

「嘘でしょう?」と思わず誰もが口にするほど、外見も内面もお若い朝子さん。
今年の還暦の誕生日を南極で迎える?と聞いた時には、本当かな?と半信半疑でしたが、本当に南極まで行って来た方です!

そもそも…
  ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ ━

朝子さんが来豪されたのは、退職者ビザ制度を利用してのこと。55歳でオーストラリア移住を決意し、半年も経たないうちに実現してしまったという行動力。

他にもたった一人で、日本人が誰も乗船していないようなクルージングツアーにも一人で参加して必ず友達を作ってくる方で、その積極さと行動力にはいつも脱帽!

日本にいらっしゃった時は、30代半ばから始めた保険のセールスで近畿地区で常に1位か2位、全国的にも準王座など優秀な成績を残したとか。多い時は月額契約額で最高23億円を達成したことがあったそうです。

後になってしまいましたが、知る人ぞ知るこの方のフルネームは、永田朝子さん。

「朝子 in Sydney」と呼ぶウェブサイト http://www.asakoinsydney.com.au というサイトを個人で持っているので興味ある方は、一度アクセスしてみてください。

「あこがれ発シドニー行き 55歳からの海外女ひとり暮らし」文芸社刊 の著書も出しています。

あこがれ発シドニー行き―55歳からの海外女ひとり暮らし


また、来月二冊目の著書「朝子 in Sydney − 南極大陸で迎えた還暦」文芸社刊 を発売予定。
内容は「朝子 in Sydney」で書き溜めたエッセイやインタビューなどを書籍出版。オーストラリアで活躍する方々のインタビュー記事や、朝子さんの旅行記が満載。ちなみに私も載せてもらいました。

」は発売されました!(2005年10月)

とにかくポジティブで直ぐに行動に移す朝子さんに会うだけで元気がもらえます。これから何かにチャレンジしようかなぁと思っているけれどなかなか行動に移せなくて悩んでいる方、朝子さんに出会うとそんな悩みは吹っ飛ぶはずです!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 このブログを読んで“参考になった”、“他の人にも知ってもらいたい”と思った方は
人気blogランキング をクリックお願いします!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

同じカテゴリー(・・・)の記事
Posted by Japanese Culinary Institute at 19:46│Comments(7)・・・
この記事へのコメント

こんにちは。初めてブログを読ませていただきました。そしてとても参考にさせていただきました。
 僕は今現在二十歳で、大学にも通っていて、来年から1年ほどの留学を考えていました。しかし、先日留学している姉の訪問のためパースに行って、店をしてみようと家族で話し合いました。そこで、僕は4月から学校を休学してしばらく挑戦してみようと思うのですが、まだまだ無知なため色々あるビザの中からどれを取得しようとすればいいのかがわかりません。あと半年で店を開くというのはやっぱり無謀なのでしょうか?
Posted by yuta at 2005年09月15日 16:17

Yutaさん、書き込みありがとうございます。

まず、質問します。
1.家族、または近い親戚など身近に商売をしている人がいる?
2.起業経験がある?
3.オーストラリアで起業経験がある、もしくは商取引きや市場を熟知している?
4.親身になって相談に乗ってくれる成功者がいる?
5.成功者で店を手伝ってくれる人がいる?
6.現地に役立つ人脈を持っている?
7.当面生活に困らないほど、また潤沢な運営資金がある?
8.就労可能なビザが取得できる?

上記の質問にすべてYESでしたら、かなり可能性はあると思います。
もし、殆どNOならかなりしんどいと思います。

既存の企業でさへ生き残りをかけて必死で経営努力を行っている状況で、新しい事業を成功させるのは並大抵のことではありません。それに新規事業で成功できるのは10に1つと言われています。

やめた方が良いですよ!というアドバイスではなく、しっかりと現実と自分の能力を見極め、それ相応の努力と覚悟が必要だということを十分理解して始めていただきたいと思います。
いずれにしても始めての事業で成功するのは至難の業。やっぱり練習も必要です。
まずは小さく。失敗しても立ち直れる規模で始められることをお勧めしたいです。くれぐれも立ち直れる範囲、自分の許容範囲でトライしてみてください。
Posted by シドニー nishimoto at 2005年09月15日 20:57

お返事ありがとうございます。
今のところは、計画としてですが大きな店というよりも小さな規模でやろうと思っています。そして、僕の父親が自営業として仕事をしています。飲食店ではないのですが。資金面はまったく足りないということはありません。

人脈の面では今はかなりないと思っています。これから今留学している姉の周辺や、自分の周りに日本で英語教師をしているオージーがいるので、その人たちから意見を聞いたり、現地で協力してもらえる人を探そうかとも思っています。

以前読ませていただいた時に口座を作るだけで簡単に設立できると知りましたが、実際に僕が働くにはビジネスビザがないとできないので、それを取得するのに最低2年はかかるということが判明していきなり壁に当たったという感じがしていますが、ビザを取るまでは現地の人などに任せるという案を考えています。

この計画に関して、甘く見ているという意味ではなく、僕としては失敗しても1つの大きな経験になると思い取り組んでいます。
Posted by Yuta at 2005年09月16日 00:13

Yutaさん、起業の素質をお持ちのようですね。まだ二十歳、いろいろチャレンジできる年齢、まず最初の一歩を踏み出してみてください。
ビザの件は、オーストラリアに居住する時、また事業を興す時の最大のネック。皆さん、ビザで苦労されています。良いビザコンサルタントを見つけられ、正しいアドバイスを得てまずはその壁をクリアしてください。

既に盛業中のビジネスを買い取って引き継いだ場合に永住権が取得できるケースもあります。この方法は前オーナからいろいろ学べるし、あまりリスクなく事業を経験できますから、初めてオーストラリアで起業するときの最も良い方法の一つだと思います。いろいろ可能性を探ってみてください。
一番簡単な方法は学生ビザでの起業。しかし週20時間の制限があり学校にも通学しなければなりませんから、本格的に事業を始める際は、やはりビジネステンポラリーもしくは永住権が必要になってきます。
生みの苦しみ、何事も最初はいろいろ問題があるもの。それを一つずつクリアしていくのも起業の楽しさでもあります。ぜひチャレンジしてみてください!
Posted by シドニー nishimoto at 2005年09月16日 06:15

大変励みになります、本当にありがとうございます!

今ビザの件で考えていることは、ワーホリや学生ビザで学校に行きながら英語力を高め、同時に店舗探し、うまくいけば協力者とともに週20時間以内の労働でやっていければと思っています。

おそらく大変困難なことだと思いますが、自分の周りの環境が変化している今を1つのタイミングと考えて、これを挫折せずに続け、失敗したとしても必ず良い経験になるのでやっていこうと思います。本当に大変参考になる意見をありがとうございます!また質問があれば書き込みさせていただきます!!
Posted by Yuta at 2005年09月16日 16:27

Yutaさん、そうですね。何事も自分で考えて決断して全力を尽くして行動に移せばよい経験になるし、
将来に必ず生かせるものになると思います。成功をお祈りしています!!

ビザの件ですが、WHはフルタイムで働けますが同一雇用者での就労が3ヶ月という制限があるので、
週20時間の就労制限がありますが期間制限がない学生ビザの方が動きやすいと思います。
最近、移民局が非常に厳しくなってきて、働いている現場から直接日本に強制送還された例をいくつか
聞いています。ビザは最重要事項です。違反しないようお気をつけください!
Posted by シドニー nishimoto at 2005年09月18日 08:47

はじめまして、人気ブログランキングからの訪問です。
単身渡豪とはすごいですね!
また起業されご活躍されておられるご様子。
hikaruも見習わないと・・・
Posted by 週末起業サラリーマン・・・hikaru at 2005年09月23日 23:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。