プロフィール
Japanese Culinary Institute
Japanese Culinary Institute
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人

2006年04月24日

飲食店の利益向上方程式!

当然のことながらコスト削減は、非常に重要な企業努力ですが、飲食店の場合「健全な経営 = 売上向上」につきます!  続きを読む

Posted by Japanese Culinary Institute at 08:45Comments(2)・・・

2006年04月14日

繁盛店の法則!

23865.jpgオーストラリアでの成功の秘訣は“エンターテイメント性”!

レストランならオープンキッチン!  続きを読む

Posted by Japanese Culinary Institute at 15:57Comments(5)・・・

2006年04月12日

日本で人気のシュークリーム、ビアードパパがシドニー進出!

23760.jpgシュークリームが大好物の私にとって聞き逃せないニュースが・・・。  続きを読む

Posted by Japanese Culinary Institute at 08:55Comments(6)・・・

2006年04月08日

シドニーで起業! − 移住&レストラン開業(その7:スタッフ

どんなビジネスもそうですが、やはり人材で事業の成否が決まりますよね。

飲食業の場合、電話での予約受付に始まり、お客様のお出迎え、メニュー内容の説明、オーダー取り、料理運びなど、お客様と最初からお見送りするまでずっと接するのはHallスタッフ。Hall接客のクオリティーいかんでお客様の満足度が大きく変わります。  続きを読む

Posted by Japanese Culinary Institute at 16:10Comments(2)・・・

2006年04月05日

冷凍物でも嬉しい!

23431.jpg日本の食品加工技術は、アニメに劣らないほど素晴らしい!

最近、冷凍物の麺類が手に入るようになり、種類も増えてきました。
今では、静岡産トロカツオのたたき、西京焼、たこ焼き、イカ刺し、味つきもずく、ほっけ開き、千葉産寒さば一夜干しなども手に入ります。

冷凍うどんは既に一般的ですよね。オーストラリアで製造した冷凍うどん、日本にも輸出されているようです。  続きを読む

Posted by Japanese Culinary Institute at 07:46Comments(4)・・・

2006年04月03日

日本と海外のビジネス環境の違い!(スモールビジネス・飲食店)

あたりまえのことですが、日本と海外のビジネス環境は異なります。

しかし・・・

頭では分かっていても、初めて海外で(と)ビジネスを経験する方に予めアドバイスしても、実施する段階になると、日本のやり方でやってしまう!?   続きを読む

Posted by Japanese Culinary Institute at 07:08Comments(8)・・・

2006年04月02日

今日から日本との時差が、2時間→1時間!

23284.jpg日本との仕事の連絡がやりやすくなるけれど、なごり惜しい夏が終る!
真夏には8:30pmごろまで明るくて、夏時間の間は、仕事の後も「もう一回今日を愉しめる!」という感じだったのが、仕事から帰宅するころには暗くなるのがちょっと寂しい!

「誰かが空の神様と打合せしてた?」と思えるほどタイミングが良すぎるぐらい昨日から丁度、急に肌寒くなってきて、今日もすっかり秋の気配。真っ青の空の完璧な秋晴れです!

本当は、先週末で夏時間が終る予定だったのが、メルボルンで開催されているCommonwealthスポーツ大会の影響で一週間延びて、今日がDay Light Saving(夏時間)の最後の日になりました!
こういうところが、オーストラリアの良さ?国民性が現れてます。

→ ミラーサイト作りました。こちらもどうぞ!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 このブログを読んで“参考になった”、“他の人にも知ってもらいたい”と思った方は人気blogランキング をクリックお願いします!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*  

Posted by Japanese Culinary Institute at 21:58Comments(0)・・・